ノリタケRadio第276回目生放送!ゲストはワンコインバーΦ’sの湘太郎さん。

レギュラー出演していますノリタケRadio、第276回目の生放送でした!この放送は、MidFM新栄スカイスタジオから毎週水曜18:00から30分間の生放送でお送りしており、山田は隔週くらいで出演しています。

本日のゲストは、「ワンコインバーΦ’s」と「Bar W」のオーナーの、千田湘太郎さん!池田公園の隣でワンコインバーを開業された経緯などをお話し頂きました。来週は、ラジオの打ち上げでメンバーでお邪魔する予定です。

レギュラーコーナー「カズミンのお金の終活」では、「遺言は代筆でも問題ない?」という内容でお伝え。ご高齢で文字を書くのが難しい場合、遺言の代筆は認められるのか、という問題です。

まず、つくろうとしている遺言書が自筆証書遺言である場合、これはいかなる理由であっても代筆は認められません。これは、遺言書の成立要件自体が「自筆」と定められているため。本人の自筆以外のものは、一切効力を生じないこととなります。

そのため、文字を書くのが難しい場合には、公正証書遺言での作成がベストでしょう。公正証書遺言は、原則として本人が口述したものを公証人が書き留めるもの。そのため、遺言書をつくる本人が文字が書けなくとも問題ありません。通常、本人の署名捺印は必要ですが、これもどうしても書けない場合には公証人がその旨付記することで足ります。

お困りの際は、専門家へご相談くださいね。

 

このサイトは、愛知県東海市を中心に愛知県全域で活動をする、なごみ相続サポートセンター、なごみ行政書士事務所の活動ブログです。

なごみ行政書士事務所のHP

なごみ相続サポートセンターのHP

相続、遺言、その他のご相談をご希望の場合や、セミナー講師等をお探しの場合には、お気軽にご連絡ください。

※お電話での無料相談は行なっておりません。予めご了承願います。

※ご相談は予約制です。ご相談は事務所へお越しいただくほか、出張無料エリアもございますので、まずはご連絡ください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA